訪問看護(リハビリ)とは

訪問看護(リハビリ)

ご自宅で療養生活を支えるサービス

医師の指示に基づいて看護師又は、リハビリの専門職が利用者のご自宅を訪問し、病状の観察や処置・リハビリを行い、療養のサポートなどの必要な診療補助を行うサービスです。
また、医師や関係機関と連携をとって在宅ケアの提案をします。高齢者の必要に応じ、自立した生活を営む事ができるように支援していきます。

対象者

訪問看護、リハビリを必要とするすべての方が対象になります。
介護保険で要支援・要介護の認定を受けている方はもちろん、認定を受けていない方でも医療保険で受けることもできます。

サービス内容

■病状・健康管理、内服薬の管理
■点滴・在宅酸素・尿管・胃瘻などの医療的な処置、管理
■食事・清潔・排泄・栄養管理
■自宅でのリハビリテーション
■療養生活に関する相談・助言
■かかりつけ医との連絡・調整

訪問看護(リハビリ)に関するよくあるご質問

Q1 訪問看護(リハビリ)を受けるのに必要なものはありますか?

看護もリハビリも医師の指示のもと提供されますので、定期的に医療機関に受診をしていることが必要となります。
医師に訪問看護指示書を記載していただく必要がありますので、医師にも利用をしたいことをお伝えください。

Q2 訪問看護(リハビリ)は、どのくらい訪問してくれるのですか?

病状や処置の内容など、利用者様の状態により、時間や回数などは異なります。また、リハビリは週に120分までと決められていますので、40分を3回、又は60分を2回など、利用者様の状況に合わせて訪問させていただきます。

介護保険での訪問の場合、利用限度額がありますので、担当のケアマネージャーさんと相談が必要になります。

Q3 夜間、状態が悪化したり、尿管など詰まったりした場合は、訪問はしてもらえますか?

緊急時訪問看護加算というものを付けていただければ、24時間対応させていただきます。
状況により電話対応や、自宅に訪問し、処置をさせていただきます。

Q4 リハビリはどのようなことを行うのですか?

病院とは違い、自宅内でリハビリを行います。生活の場である寝起き、立ち上がり、歩行、また、転倒時の起き上がり方など希望を聞きながらリハビリを行っていきます。
また、利用者さんの状態によっては、手芸や簡単な物づくりなどによるリハビリも行っています。介護者である家族の方への介助方法なども指導、助言させていただきます。

Q5 退院後や、病状が悪化した時に、毎日訪問してもらうことは可能ですか?

退院時や、状態が悪化した際には、医師に特別訪問看護指示書を発行していただき、2週間は医療保険を適応していただき、訪問することができます。
褥瘡、気管切開など状態によっては、月に2回(4週間)特別訪問看護指示書を発行していただくことも可能ですので、ご相談ください。

Q6 看護とリハビリは一緒に利用することができますか?

可能です。担当のケアマネージャーさんに、プランに組み込んでもらう必要があるので、ご相談ください。もちろん、医療保険でも可能です。

Q7 介護保険のサービスは受けていますが、訪問看護を医療保険で受けることは可能ですか?

基本的には、介護保険の認定を受けていれば、介護保険が適用されます。
ただ、病名や状態によっては、医療保険が適用されますので、担当のケアマネージャーさんにご相談ください。

利用可能事業所紹介

  • ナースコール在宅センター訪問サービス

    愛知県名古屋市千種区池下一丁目11番21号 サンコート池下7階

    詳しく見る

  • ナースコール緩和ケアセンター

    愛知県名古屋市東区徳川一丁目511番地 ウインズ徳川103

    詳しく見る

  • ナースコール在宅センター訪問サービス尾頭橋

    愛知県名古屋市中川区尾頭橋一丁目1番35号 シティコーポ尾頭橋1号館105号室

    詳しく見る

  • ナースコール北

    愛知県名古屋市北区西味鋺一丁目111番地

    詳しく見る

  • ナースコール南

    愛知県名古屋市南区汐田町1番14号

    詳しく見る

お問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください

事業所一覧